オールチタンAT254による有害物質の分解メカニズム



1.吸着・活性酸素の発生

無機多孔質空間内において、チタニア系化合物が吸着水を通し、濃縮された酸化性汚染物質と反応して、活性酸素(OHラジカル)を発生します。

2.酸化還元反応

さらに、同時に無機多孔質空間内で濃縮された臭気物質が、1で発生した活性酸素と反応し、二酸化炭素や水を発生させます。

3.分解→再生・持続

無機多孔質空間内における1と2の激しい酸化還元反応により、臭気物質などを分解します。無機多孔質空間層の吸着・分解能力の持続力は長期に渡ります。

オールチタンAT254コーティング膜のSEM写真


コーティング膜の断面イメージ


基材表面をチタニア系化合物とスーパーオールAT254が、均一に覆います。 高い耐久性があり、効果が長期間に持続します。