ハイブリッド新触媒「オールチタンAT254」

空気浄化にオールチタンAT254

消臭力バツグン、効果長持ち

オールチタンAT254の縮合体は乾燥により水分が蒸発し多孔体組織になります。大きな内部表面を持ち、多くの分子を吸着します。
この吸着性を左右するのは、比表面積、孔径、内表面の電子状態(固体塩基性や固体酸性などを生み出す表面の電位分布)などです。
オールチタンAT254では、コーティング膜は約300m2/g以上の比表面積の多孔体となり、多くの悪臭分子を吸着できるように組成を選択しました。

オールチタンAT254の消臭特性
  • 多孔質空間内の濃縮効果で吸着と分解
  • 反応速度が速い
  • 長期間効果が持続する

有害化学物質の分解除去

ホルムアルデヒドなどの空気中で希薄な有害科学物質がオールチタンAT254の多孔質空間内で、吸着・濃縮され、酸化還元反応を促進し繰り返し分解します。

化学物質過敏症(シックハウス症候群)
発症のきっかけは?
  • 新築・リフォーム後の入居
  • 家具・インテリア用品の購入
  • 害虫駆除・農薬散布
  • 殺虫剤・防虫剤・芳香剤の使用