ハイブリッド新触媒「オールチタンAT254」

チタニア系セラミック空気触媒とスーパーオール254の技術を
利用して室内環境の向上と地球環境の保全に努めています。

オールチタンAT254は無機イオンの高分子を配合させ、水溶液内の縮合化学反応によりセラミック化することで、多孔質コーティング薄膜として様々な基材の上に生成します。すなわち、オールチタンAT254のセラミックス化成膜反応は水溶液によるものなので、高温加熱などによるエネルギー消費が全く必要ありません。CO2などの排出もなく、地球環境に優しいコーティング剤といえます。
さらに、生成するコーティング膜の厚さは1ミクロン以下。この多孔質薄膜内に抗菌・防カビ剤が固定化され、膜表面はカビに対する高い忌避効果を発揮します。使用する抗菌・防カビ剤量も通常の練り込み品に比べ極めて少なく、水溶液内には液剤調整過程で塩素イオンを一切使用していないのでノンハロゲン化も実現しました。
top image
pointgreen
「POINT GREEN」は、エンターテインメントや文化の発信力を活用して、「多くの人々に環境意識を発生させる」ためのキャンペーンです。
地球温暖化をはじめとする環境問題の深刻さを多くの人に、「気づいて」そして「表現して」ほしいと、グリーンの「!」をロゴマークとしています。
ポイントグリーンのイベント参加者は、ほんのちょっとした自分の中の環境への関心を、グリーンのワンポイントで表現しています。

新着情報

オールチタンAT254のすぐれた抗ウィルス・抗菌・防カビ・消臭性能

チタニア系化合物空気触媒+高性能抗菌・防カビ剤

  • オールチタンAT254は、チタニア系空気触媒の基本性能に加え、日本で有数の高性能抗菌・防カビ剤をハイブリッドさせました。
  • 北里大学北里環境科学センターによる抗ウィルス性能評価試験において、オールチタンAT24はA型インフルエンザウィルスに対して、抗ウィルス効果を示す傾向が認められています。
  • 基材に形成されたオールチタンAT254膜の有効成分はほとんど溶解しません。他製品が殺菌成分を溶解し、微生物への進入で効果を発揮するのに対して、オールチタンAT254膜の有効成分は、微生物に対する忌避効果で防カビ性能を発揮します。つまりオールチタンAT254は、触媒成分を溶解しないので消耗がなく、長期間の抗菌・防カビ性能を実現します。
  • 大気中で希薄な臭気原因物質がオールチタンAT254の多孔空間内で濃縮されて酸化還元反応を促進し、繰り返し分解します。また、生活臭は細菌・真菌によるものが大半で多菌種に対してオールチタンAT254はすぐれた抗菌・防カビ・消臭効果を発揮します。

オールチタンAT254と光触媒の比較

光触媒は文字どおり、光(紫外線)があたらないとその効果を発揮することができません。光があたらない屋内(とくに押入やダクト内などの暗所)や時間帯(夜間や雨天)では期待した効果を下回るなど問題は様々です。オールチタンAT254は空気(酸素)に反応して酸化還元作用を促進するので明・暗所を問わず、常時触媒効果を発揮します。